サッカー日本代表冨安が古巣アビスパ下部組織を指導「自分超える選手出て」

西日本スポーツ 松田 達也

 J1アビスパ福岡OBで、サッカー日本代表のDF冨安健洋(23)=アーセナル=が24日、福岡市の雁の巣球技場で自身も所属した福岡の下部組織の選手たちを指導した。「ここから自分を超えるような選手が出てきてほしい」と話した。

 22日から指導を行い、最終日の練習を報道陣に公開。アーセナルでの日常的な経験を基に、自身がメニューを考案したトレーニングには14~16歳の選手たち約30人が参加。身ぶり手ぶりでアドバイスを送りながら、約2時間の練習を見守った。「指導者としての自分はまだまだ」と笑った。

 昨年加入したアーセナルでは、リーグ戦21試合に出場。主に右サイドバックで出番をつかみ、初挑戦のイングランド・プレミアリーグで経験を積んだ。ただ故障が続き、代表も含めて戦列を離れた時期も長かった。「コンディションはもう大丈夫。来年はけがなくシーズンを乗り切りたい」と明るい表情を見せた。(松田達也)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング