特命アビスパ応援団長、予想つかない「大混戦」の総選挙

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第18節 福岡1-3広島(25日、ベスト電器スタジアム)

 試合には敗れてしまいましたが、広島戦は熱いゴールが生まれました。リーグ戦でここまで出場がなかった渡選手が今季初先発でゴールを突き刺しました。渡選手は22日の天皇杯3回戦でも途中出場で得点。古巣が相手だった誕生日に先発に抜てきした長谷部監督の心意気にも感動しました。

 広島戦ではもう一つの熱い戦いが火ぶたを切りました。第10回アビスパ福岡選抜総選挙の投票が始まりました。22日の天皇杯・岩手戦に続いて存在感を見せた渡選手だけではなく、岩手戦は生え抜きの北島選手、総選挙2年連続1位の城後選手もゴール。アピールに成功しています。

 参院選の福岡選挙区も「激戦区」ですが、こちらの選挙も大混戦。前回2位の「博多の漢(おとこ)」奈良選手、山岸選手、前キャプテン、守護神村上選手、クルークス選手、新加入で存在感を見せる田中選手などなど、今年の1位や「神7(7位以内)」は全く予想がつきません。

 広島戦はアーセナルの冨安選手も観戦していました。下部組織出身でアビスパから世界に羽ばたいた冨安選手。アビスパも負けてはいられません。全力でサポートしていきましょう!

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング