ソフトバンクバタバタのコロナショック 27日の先発急きょ変更

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-3日本ハム(26日、ペイペイドーム)

 勝ちパターンから追い付かれて延長戦で敗れ、パ・リーグ最速の40勝を逃したソフトバンクが試合後、さらなるショックに包まれた。球団は27日のロッテ戦の予告先発だった和田毅投手(41)と中軸を打つジュリスベル・グラシアル内野手(36)、走攻守三拍子そろったルーキー野村勇内野手(25)、本多雄一内野守備走塁コーチ(37)とスタッフ1人の計5人に新型コロナウイルスの陽性の疑いがあると発表。27日にPCR確定検査を行うが、大量離脱となれば首位を走るチームに大打撃となる。

   ◇   ◇

 ソフトバンクは球団のスクリーニング検査で5人に陽性の疑いが判明したと発表した。球団によると、のどの痛みや発熱などの症状を訴えている人もおり、隔離する。

 5人以外の1軍の選手やスタッフらはスクリーニング検査で陰性となり、体調不良者もいないため、チーム活動に変更はないという。

 杉山一樹投手(24)、正木智也外野手(22)も陰性だったが、濃厚接触者となる可能性があるため隔離となった。陽性疑いの5人を含め、1軍の選手、コーチらは27日にPCR確定検査を受ける。

 和田が先発予定だった27日のロッテ戦(東京ドーム)は開催する予定で、先発は大竹耕太郎投手(26)に変更となり、チームは予定通り26日に東京に移動した。

 ソフトバンクでは25日に村上隆行打撃コーチ(56)が陽性判定を受けており、本多コーチは濃厚接触者になる可能性があるとして自主隔離していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ