ソフトバンクのコロナ禍、和田ら5人が確定検査で陽性判定に 新たに藤井、嘉弥真らも

西日本スポーツ

 ソフトバンクは27日、前日のスクリーニング検査で陽性疑いとなっていた和田毅投手(41)、ジュリスベル・グラシアル内野手(36)、野村勇内野手(25)、本多雄一一軍内野守備走塁コーチ(37)、ほかスタッフ1人の計5人がPCR確定検査で陽性判定を受けたと発表した。また同検査で藤井皓哉投手(25)、嘉弥真新也投手(32)、スタッフ1人も陽性判定を受けた。

 濃厚接触者の疑いがあるため自主隔離している正木智也外野手(22)と杉山一樹投手(24)は陰性、そのほかの1軍の選手、コーチスタッフも陰性だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ