甲斐拓也、デスパイネら5人が新たに陽性判定 感染者は計14人に コロナ禍のソフトバンクにまた衝撃 

西日本スポーツ

 ソフトバンクは28日、甲斐拓也捕手(29)、アルフレド・デスパイネ外野手(36)ら5人が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。25日以降に陽性判定を受けた選手、コーチ、スタッフなどの関係者は計14人となった。多数の陽性者が出ていることを受け、29日のロッテ戦(ペイペイドーム)の中止が決まっている。

 28日に甲斐、デスパイネ以外に陽性判定を受けたのは、村松有人外野守備走塁コーチ(49)とスタッフ2人。ソフトバンクは25日に村上打撃コーチ、27日に和田、嘉弥真、藤井、グラシアル野村勇、本多内野守備走塁コーチ、スタッフ2人が陽性判定を受けている。杉山と正木も濃厚接触者の疑いがあり、自主隔離している。

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ