森が2軍戦で1回無失点 チームの緊急事態で約2カ月ぶりに1軍昇格へ

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク5-4阪神(28日、タマスタ筑後)

 約2カ月ぶりに1軍復帰するソフトバンクの森が、1回を無安打無失点に抑えた。

 7回に5番手で登板。先頭の藤田をカットボールで中飛に抑えると、高寺を左飛、中川を空振り三振に仕留めた。最速は143キロだった。

 チームでは先発の和田と勝ちパターンの中継ぎを務める嘉弥真、藤井が新型コロナウイルス陽性判定を受けて離脱。28日にペイペイドームで行われた先発投手練習で、森山投手コーチは「緊急なので、実績のある選手がいってくれとなった。僕らも頼るところあるし、ブルペンでも嘉弥真という年齢的にトップの選手がいなくなって、そういうのもある」と、森の1軍昇格について説明した。

 森は今季11試合に登板して3敗6セーブ、防御率3・60。4月だけで3敗を喫し、同17日に出場選手登録を外れた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ