麺屋 満月 独特食感の新ジャンル麺 北九州市八幡西区

西日本スポーツ

 うどん作りを研究する「豊前裏打会」の加盟店「満月」が出した新業態。4月、北九州市八幡西区竹末にオープンした。うどん粉に中華麺用のかん水を加え、こしを引き立てた独特な食感の麺が特徴だ。

 「うどんでもラーメンでもない新ジャンルの麺。豚骨、鶏肉、乾物素材でだしを取る芳醇(ほうじゅん)なスープと合わせました」と店主の岩下輝さん(44)。ぜいたく具材の「満月」(1100円)は、手作りワンタンや福岡県鞍手町産の銘柄卵入り。佐賀県産の銘柄のりも別皿で添える。麺類は午前11時から午後3時まで。夜は居酒屋になる。

 北九州市八幡西区竹末2の14の2。電話093(616)6664。不定休。

PR

グルメ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング