コロナ禍続くソフトバンク、2日の西武戦は開催の方向 球団、NPBともに前向き

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ソフトバンクに新型コロナウイルス感染者が相次いでいることを受け、日本野球機構(NPB)と12球団は30日、オンラインで臨時実行委員会を開催し、7月1日の西武-ソフトバンク戦(ベルーナドーム)の延期を決めた。感染拡大を防ぐためで、29日のロッテ戦に続く延期。25~29日に1軍関係者18人の感染が判明したが、30日の検査では1軍関係者に新たな陽性者はいなかった。7月1日のPCR検査で陰性が確認された1軍関係者は福岡から移動する予定で、NPBも2日の西武戦の挙行に前向きな姿勢を見せた。

   ◇   ◇

 コロナ禍に直面するソフトバンクは29日のロッテ戦に続き、7月1日の西武戦の延期が決まった。福岡から関東へ移動する際のリスクなどが考慮された。その一方で、30日の検査では1軍関係者に新たな陽性者がおらず、2日からの試合再開への道筋も見えた。

 臨時実行委を終え、NPBの井原敦事務局長は「感染をいかに防ぐかと、一方で試合を行っていくかのバランスになる。まだ(感染拡大の)リスクを軽減する担保が取れていない」と延期の理由を説明した。30日は2軍の定期スクリーニング検査で選手1人が陽性疑いとなったが、1軍関係者との接触はないという。

 ソフトバンクでは25~29日に8人の1軍選手ら計18人の感染が判明。井原事務局長は「明日(7月1日)のPCR検査で陰性を確認できた選手は(福岡から)移動する。少なくとも3日以上の陰性確認なのでリスクは相当軽減される。試合(2日の西武戦)の挙行につなげたい」と話した。

 球団によると、7月1日も午前から検査を行い、陰性が確認できた選手は東京に移動する。試合開催の条件として全員の陰性とはしておらず、多数の陽性者やそれに伴う濃厚接触者が出なければ、2日の試合を開催する見通し。球団関係者は「陰性のメンバーだけ移動して、試合の準備をする形になる」とした。

 30日も1軍のチーム活動は休止となっており、選手たちはペイペイドームなどで感染対策を取りながら自主練習を行った。主力選手に陽性者が出ているため、試合再開には大幅な入れ替えが必要。ファームから中谷、渡辺らを招集予定で準備を進めている。

 25日が1人、27日に8人、28日は5人、29日が4人と新たな陽性者が出ていたが、ようやく光も差してきた。藤本監督は「チームとしては厳しいけど、今いるメンバーで戦っていきたい」と話しており、2日からの再開を見据えて態勢を整える。(小畑大悟)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ