西武スミス「こういった暑さは初めてではない」猛暑の所沢でタカ狩り誓う エース高橋光成は次週の楽天戦へ

西日本スポーツ

 右脇上部の違和感で戦列を離れていた西武のバーチ・スミス投手(32)が1日、約2カ月ぶりとなる復帰登板へ闘志を燃やした。2日の首位ソフトバンク戦(ベルーナドーム)に先発。「段階的に調整し、いい感じで(1軍に)上がってこられた」と自信を見せた。

 いまだ被安打ゼロの本拠地マウンドだ。来日初登板だった4月19日のロッテ戦では7回を無安打無失点投球で初白星。同28日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)中に患部に違和感を訴え離脱したものの、良好なイメージを保つベルーナドームで首位撃破を狙う。

 ナイター試合とはいえ連日の猛暑。スミスは初めて味わう所沢の夏だが「こういった暑さは初めてではない。米国でもテキサスやフロリダで投げたときはすごく暑かったので対応できると思う。勝利に貢献したい」と頼もしく拳を握った。

 1日、チームはソフトバンク戦の中止に伴い本拠地で全体練習。同日に先発予定だった高橋は次週の楽天戦に向かう。スミスの後は与座が先発する。週明けカードのオリックス戦はエンスが左脚痛のため大事をとり出場選手登録を外れたこともあり松本、平井に加え、今井が復帰する見通しだ。好調投手陣に休養も挟みつつ、獅子が反攻を狙う。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング