「ソフトバンクの60番は中村亮太と覚えてもらいたい」 千賀、石川エール「育成で頑張った気持ち忘れずに」

西日本スポーツ

 ソフトバンクは2日、2年目の中村亮太投手(24)を支配下選手登録すると発表した。背番号は60。オンラインでの記者会見に臨み、「ソフトバンクの60番は中村亮太と覚えてもらって、多くの人にユニホームを着て球場に来てもらって愛される投手になりたい」と意気込んだ。

 東農大北海道オホーツクから昨年、育成ドラフト8位で入団。最速154キロの直球に鋭く落ちるシンカー、カットボール、カーブを操る。今季はウエスタン・リーグで27試合に登板して1勝1敗、防御率2・45。計25回2/3で33奪三振を記録している。

 オフには千賀、石川の自主トレに参加し、今季の飛躍につなげた。支配下登録を報告すると、2人からは「育成の期間に頑張って支配下になれたこと、その気持ちはいつになっても忘れてはいけない」と伝えられたという。同じ育成出身の大先輩の言葉を刻み、「初心の気持ちを忘れず、1軍で活躍してすごい選手になっても謙虚な気持ちを忘れないようにしたい」と誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ