西武「あと1死」から6連勝逃す 8回に源田が1号勝ち越しソロも9回2死から増田が逆転打許す

西日本スポーツ

 ◆西武2-3ソフトバンク(2日、ベルーナドーム)

 西武が「あと1死」のところから6連勝を逃した。

 好調の打線は、1点を追う3回1死三塁で森が右中間への同点の適時二塁打をマーク。自身3試合連続のタイムリーで、ソフトバンク東浜から今季チーム初得点をたたき出した。

 先発のスミスは初回に1点の先制を許したものの、2回以降は走者を出しながらも粘りの投球で6回まで無失点。救援陣もソフトバンク打線に得点を与えなかった。

 同点の8回には源田が右中間へ今季1号となる決勝ソロをマーク。勝ち越しに成功したが、1点リードの9回に2死二、三塁から増田が中村晃に2点適時打を許し、痛恨の逆転負けとなった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング