完封のソフトバンク石川柊太、西武・栗山の指摘に「ちょっと動揺した」 辻監督もベンチ飛び出す

西日本スポーツ

 ◆西武0-3ソフトバンク(3日、ベルーナドーム)

 ソフトバンクの石川が今季初の1安打完封を飾った。三塁を踏ませない完璧な投球だったが、2回には制球を乱す場面があった。

 2回1死から栗山に対して2球目を投げた際、投球テンポの速さについて指摘を受けた。西武側は辻監督らも飛び出し、球審と話していた。

 その後、栗山にはストレートの四球を与え、続く外崎にも四球。1死一、二塁のピンチを招いた。

 石川は「(打者が)構えてないのに投げていいのかということでした。自分としては(球審から)止められれば止めますしという感じ。難しいところなので。自分は投げているだけなので。気にしながらはやっている。絶妙な駆け引きなので。繊細な。ちょっと動揺したので反省ですね」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ