故郷・釜山の中学生と交流 「李大浩ドリームツアー」

韓国・釜山から来た中学生とポーズを決める李大浩(中央) 拡大

韓国・釜山から来た中学生とポーズを決める李大浩(中央)

 李大浩が8日、福岡市中央区のヒルトン福岡シーホークで、故郷の韓国・釜山市から来た中学生18人と交流した。釜山の格安航空会社(LCC)エアプサンが、子どもたちに将来の目標を持ってもらおうと、李大浩のオリックス移籍に合わせ、2年前に始めた1泊2日の招待旅行「李大浩ドリームツアー」の一環。今年3回目で、ホークス移籍後は初めてだ。

 中学生からは「緊張したときの対処法は」「どうやったらスランプを乗り越えられますか」などと質問が挙がった。李大浩は終始、にこやかな表情で「緊張をほぐすには笑うといい」「スランプ時には、精神面や考え方を変えることが大事だ」と丁寧に答えていた。

 子どもたちはふるさと出身のスーパースターと一緒に記念写真に納まり満足げな様子。その後、ヤフオクドームで行われたオリックス戦を観戦し、李大浩に声援を送った。 (吉田修平)

=2014/07/09付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ