先頭打者に四球 失点に雪辱誓う 森

6回1死二塁、オリックス・安達(右)に中前適時打を浴びる森 拡大

6回1死二塁、オリックス・安達(右)に中前適時打を浴びる森

 ルーキー森が5試合ぶりの失点を猛省した。2点ビハインドの6回に2番手で登板。先頭の伊藤を四球で出すと、1死二塁から安達に粘られ、13球目のカーブを中前適時打にされた。痛い追加点を許し「先頭打者への四球は点に絡んでしまう。絶対にやっちゃいけないこと。また使ってもらえるように、修正して、次は抑えたい」とリベンジを誓った。

=2014/07/09付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ