シード宮崎南敗退 宮崎 川内サヨナラ勝ち 鹿児島

 台風8号の影響で延期されていた第96回全国高校野球の宮崎大会、鹿児島大会は11日、3日ぶりに再開した。

 宮崎大会は2回戦5試合があった。第2シード宮崎南は同点で迎えた延長十回、押し出し四球でサヨナラ負け。第3シードの聖心ウルスラは19点を奪い五回コールド勝ち。ほかには延岡星雲、宮崎日大、日章学園が勝ち進んだ。

 鹿児島大会は2回戦6試合。川内は延長十回サヨナラ勝ちし、市来農芸は初回に挙げた1点を守り競り勝った。川辺、尚志館はコールド勝ち。徳之島、隼人工も勝ち進んだ。


=2014/07/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ