熊工 土壇場で大逆転 熊本一 創部3年目で初勝利

 第96回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は12日、藤崎台県営野球場(熊本市)と県営八代野球場(八代市)で2回戦計6試合を行い、優勝候補の一つでシードの熊本工は八代東に7点差をつけられ、コールド負け寸前まで追い詰められたが、粘り強い攻撃で逆転勝ちした。小川工は着実に点を重ね、文徳はコールド勝ちで、それぞれ次戦に駒を進めた。

 八代農は甲佐に競り勝ち、熊本は苓洋を寄せ付けなかった。2年前に男子が入学し創部した熊本一は熊本高専熊本をコールドで破り、初勝利を飾った。


=2014/07/13付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ