都城農が延長制す 鹿情報、投打で圧倒

 第96回全国高校野球選手権の宮崎大会は13日、2回戦4試合があった。都城農は延長十一回、川野航大選手の本塁打で宮崎西にサヨナラ勝ち。宮崎学園、宮崎第一がコールド勝ちしたほか、延岡工が3回戦に進んだ。14日は予備日で試合がない。15日から3回戦が始まる。

 鹿児島大会は13日、2回戦6試合があり、国分中央、鹿児島中央、鹿児島情報、鹿児島商、鹿屋、川内商工が3回戦へ勝ち上がった。

 鹿児島情報は、四回まで毎回得点し、初戦に続いて2試合連続コールド勝ち。鹿屋も四、五回に集中打が出て、相手打線を1安打に抑え2試合連続コールド勝ち。鹿児島中央は後半に打線が爆発、計16安打で8点を挙げ快勝した。


=2014/07/14付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ