森、修羅場に巻き込まれる

6回2死二塁、ロッテ・サブローに死球を与え帽子を取る森 拡大

6回2死二塁、ロッテ・サブローに死球を与え帽子を取る森

 2番手のルーキー森が、思いがけず修羅場に巻き込まれた。同点の6回2死二塁。1ボールからサブローに投じた140キロの直球が左腰へ。死球を受けたベテランににらみつけられ、両軍の指揮官同士が口論する事態となった。

 強気の内角攻めが持ち味。「勝負にいっていたんで、しょうがないことだと思います」と言い切る。本塁付近で繰り広げられた騒動からは距離を置き、再開後の投球に集中力を高めた。

 そして2死一、二塁、ハフマンを内角へのカーブで詰まらせて一ゴロ。流れを渡さなかった。「腕をしっかり振ったから打ち取れました」。直後の攻撃で味方が1点勝ち越し。リードをサファテが守りきれず今季2勝目は消えたが、前日の14日に2回を投げたばかりのタフネス右腕は、存在感を着実に高めている。

=2014/07/16付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ