九国大付 猛攻8強 西短大付も2年ぶり進出 県大会開幕

 第96回全国高校野球選手権福岡大会の県大会(5回戦以降)が19日、飯塚市の筑豊緑地野球場で始まった。この日は5回戦2試合を行い、九州国際大付が11-1で福岡工大城東に六回コールド勝ち。3番の古沢勝吾選手(3年)が4安打5打点のサイクル安打を記録した。もう1試合は西日本短大付が12-4で東海大五に勝利した。九州国際大付と西日本短大付はともに2年ぶりの8強入り。20日は同球場で自由ケ丘-祐誠と星琳-筑陽学園の2試合が行われる。


=2014/07/20付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ