4強出そろう 佐賀商 4年ぶり 佐賀工は好投手攻略

【神埼清明-佐賀工】5回2死三塁、適時打を放ちベンチに向かってガッツポーズする佐賀工の1番西岡 拡大

【神埼清明-佐賀工】5回2死三塁、適時打を放ちベンチに向かってガッツポーズする佐賀工の1番西岡

 第96回全国高校野球選手権佐賀大会は11日目の19日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があった。6年ぶりの甲子園出場を目指す佐賀商は第3シードの早稲田佐賀に投打で圧倒、6-2で4年ぶりの4強進出を決めた。佐賀商の森田剛史監督は「日々選手が成長している。守備の基本を再確認して次戦に臨みたい」と話した。佐賀工は少ない好機で確実に得点し、好投手擁する神埼清明を2-0で退けた。

 20、21日は試合はなく、22日に準決勝2試合(午前11時・佐賀学園-佐賀工、午後1時半・佐賀北-佐賀商)が行われる。決勝は23日午後1時から。


=2014/07/20付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ