先制適時打 自身2戦ぶり 内川

1回1死二塁、先制の中前適時打を放つ内川 拡大

1回1死二塁、先制の中前適時打を放つ内川

 内川が先制点をたたき出した。初回。1死二塁の好機で打席に立つと、ロッテ先発石川の外角高め直球を中前へ。2ボール2ストライクから見送ればボール球だったが、球界随一のバットコントロールでヒットゾーンへと運んだ。「野手がいないところを狙ったら、たまたまそこ(二遊間)へ飛んだ。うまく抜けてくれました」。自身2試合ぶりの先制打で勝利に貢献した。

=2014/07/22付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ