折尾愛真初の8強 北筑は21年ぶり

【折尾愛真―柳川】9回表、2点差を逆転し喜ぶ折尾愛真ベンチ 拡大

【折尾愛真―柳川】9回表、2点差を逆転し喜ぶ折尾愛真ベンチ

試合後、ベンチに置いていた白球を選手に手渡し、球場を出る折尾愛真の奥野博之監督(左)

 第96回全国高校野球選手権福岡大会の県大会(5回戦以降)は21日、飯塚市の筑豊緑地野球場で5回戦2試合を行い、折尾愛真と北筑が準々決勝に進出した。折尾愛真は2点を追う九回1死から3長短打を集めて3点を奪い逆転勝ち。初の8強入りを果たした。2005年以来となる夏の甲子園を目指した柳川は5回戦で涙をのんだ。北筑は久留米学園とのノーシード対決を制し、21年ぶりに8強に名乗りを上げた。22日は同球場で東筑-東福岡と青豊-筑紫の5回戦2試合が行われる。


=2014/07/22付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ