初の5番で不発 柳田

7回2死一塁、柳田は空振り三振に倒れる 拡大

7回2死一塁、柳田は空振り三振に倒れる

 今季初めて5番に座った柳田は、首脳陣の期待に応えられなかった。初回1死一、二塁の好機で遊ゴロ。3回無死一塁では二ゴロ併殺打。7回2死一塁では3球三振に倒れるなど、走者を置いた3度の打席で凡退を繰り返した。「(先発古谷は)前回とは違う感じで、タイミングが取りづらかった」。2日のロッテ戦(ヤフオクドーム)以来15試合ぶりにクリーンアップに座ったが、不発に終わり、試合後は悔しさをにじませた。

=2014/07/23付 西日本スポーツ=