東筑強豪撃破 筑紫初の8強 あすから準々決勝

 第96回全国高校野球選手権福岡大会の県大会(5回戦以降)は22日、飯塚市の筑豊緑地野球場で5回戦2試合を行い、東筑と筑紫が準々決勝に進んだ。東筑は優勝候補の東福岡を破り、準優勝した2011年以来、3年ぶりの8強入り。筑紫は8-1の八回コールドで青豊に快勝し、02年の創部以来初の準々決勝に駒を進めた。これで8強が出そろった。県大会は北九州市民球場に舞台を移し、準々決勝は24、25日、準決勝は27日、決勝は28日午後1時から行われる予定。


=2014/07/23付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング