三振に失策も 途中交代 牧原

 3試合連続で先発出場した牧原にとっては、悔いばかりが残る試合になった。3回の第1打席では1球も振らずに見逃し三振。5回には先頭伊志嶺のゴロをはじく失策を犯して失点につなげてしまい、その裏に代打明石を送られた。「三振はいろいろ考えすぎた。エラーは技術不足。(交代は)悔しいです」。唇をかむ若武者に、秋山監督は「1球も振らずに三振なんてあり得ない。レギュラーじゃないんだから、もっと必死にならないと」と厳しい言葉を並べた。

=2014/07/24付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ