筑紫台(福岡)が3年ぶり4度目の優勝 玉竜旗女子決勝

 平成26(2014)年度玉竜旗高校剣道大会第3日は26日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で女子の決勝が行われ、前回大会3位の筑紫台(福岡)が、史上2校目となる大会3連覇を狙った中村学園女子(同)を破って、3年ぶり4度目の優勝を飾った。

 決勝は、筑紫台の先鋒の村山ひなこ(2年)が相手次鋒まで2人抜きを果たすなど、攻勢を掛けた。その後もリードを保ち、最後は副将の佐竹花実(3年)が相手大将との2度の延長の末、面を決めて勝利を収めた。筑紫台は同じカードだった一昨年の決勝の雪辱を果たした。

=2014/07/26 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ