筑紫台、4度目V 玉竜旗、ライバルの中村学園女子倒す

3年ぶりの優勝に喜びを爆発させる筑紫台の選手たち 拡大

3年ぶりの優勝に喜びを爆発させる筑紫台の選手たち

 平成26(2014)年度玉竜旗高校剣道大会は3日目の26日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で、女子の3回戦以降があった。決勝は福岡県勢同士の対決となり、筑紫台が中村学園女子の3連覇を阻止、3年ぶり4度目の優勝を飾った。島原(長崎)と八代白百合学園(熊本)が3位に輝き、ベスト8の7チームを九州勢が占めた。

 決勝は、筑紫台の先鋒村山ひなこ(2年)が2人抜きして優位な展開。副将佐竹花実(3年)は中村学園女子の大将佐々木梨奈(3年)を2度の延長の末、面を決めて破った。

 福岡県勢は、初めて8強入りした福岡第一と折尾愛真のほか、福翔も準々決勝に進出、躍進が目立った。

 27日には564チームが出場する男子の部が開幕。午前8時から開会式があり、1回戦と2回戦の一部がある。

 ※玉竜旗高校剣道大会の動画はこちら

=2014/07/27付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ