玉竜旗男子、九州学院8年ぶり6度目の優勝

 平成26(2014)年度玉竜旗高校剣道大会は最終日の29日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で男子の決勝を行い、九州学院(熊本)が島原(長崎)を大将同士の一戦で破り、8年ぶり6回目の優勝を飾った。

 九州学院は先鋒の寺田清貴(3年)が相手先鋒を抜き、次鋒の槌田祐勢(2年)も2人を抜いた。相手大将に3人を抜かれたが、最後は大将の山田凌平(3年)が2本勝ちし、勝負を決めた。

 九州学院は3月の全国選抜大会に続く日本一。8月に行われる全国総体(神奈川)で「高校3冠」を狙う。島原は2年ぶり2回目の頂点を逃した。3位には東福岡と水戸葵陵(茨城)が入った。

=2014/07/29 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ