柳田「悔」好機に凡退 15戦ぶり適時打

3回2死一、二塁、右前適時打を放つ柳田 拡大

3回2死一、二塁、右前適時打を放つ柳田

 好機に2度凡退した柳田が、悔しさをあらわにした。2点リードで迎えた7回2死一、二塁で武田勝のスライダーを引っ掛けて凡退。追加点を奪えず、その直後にひっくり返されたばかりか、3点を追う9回2死満塁にも二ゴロで最終打者となった。一発出れば逆転だっただけに「最後に(1本)出ないと意味がない」と、試合後は吐き捨てるように言った。

 3回に同い年の左腕吉川から右前適時打。内角真っすぐに対して体をうまく回転させ、7月11日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来15試合ぶりの適時打をたたき出した。完全復調を印象づけた一打に「あれは良かった」と振り返ったものの、険しい表情のままだった。

=2014/08/02付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ