金子2戦連続マルチ 今季初右打席で適時打も

9回1死満塁、左前適時打を放つ金子 拡大

9回1死満塁、左前適時打を放つ金子

 2試合連続でスタメン出場の金子が出場機会死守に両打ちでアピールした。2点を追う3回、先頭で投手強襲の内野安打を放ち同点劇を演出。9回1死満塁では左腕の宮田に対して今季初めて右打席に入り、左前適時打を放った。左手薬指骨折の本多が離脱した3日から2試合連続で「9番二塁」で先発し、いずれもマルチ安打。「1打席ずつ、必死にやっていくしかないですから」。チームの緊急事態を救うマルチな活躍にも、気を緩めることはなかった。

=2014/08/06付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ