甲子園で初練習 九国大付、グラウンド実感

清水優心主将(右端)の掛け声とともにグラウンドに飛び出す九州国際大付の選手たち=甲子園球場 拡大

清水優心主将(右端)の掛け声とともにグラウンドに飛び出す九州国際大付の選手たち=甲子園球場

 9日に開幕する第96回全国高校野球選手権大会に県代表として出場する九州国際大付ナインが5日、兵庫県西宮市の甲子園球場で練習し、30分間、守備練習などでグラウンドの感触を確かめた。

 3年ぶり5回目の出場。主砲の清水優心主将(3年)は「調子はいい。本番が楽しみ」と意気込みを語った。練習の最後には選手全員で内野グラウンドを整備。今夏で退任が決まっている若生正広監督は「整備することで、グラウンドの状態を分かってほしかった。初戦を突破し波に乗ってほしい」と語った。対戦校は6日の組み合わせ抽選で決まる。

=2014/08/06付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ