日南学園・鹿屋中央ナイン リハーサルで行進練習、甲子園

 兵庫県西宮市の甲子園球場で8日にあった第96回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルで、鹿児島県代表の鹿屋中央と宮崎県代表の日南学園は夏空の下、演奏に合わせて堂々と行進した。

 大隅半島から夏の大会初出場の鹿屋中央ナインは手を大きく振り、歩幅もそろえてチームワークの良さを見せた。七島拓哉主将(3年)は「本番のスタンドは観客で埋まるだろう。楽しみで、待ち遠しい」。

 3年ぶり7回目の出場となる日南学園ナインも鹿屋中央に続いて行進し、甲子園の土の感触を確かめた。

=2014/08/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ