全国高校野球の開幕が延期に 鹿屋中央「調整できる」 日南学園「調子上げる」

 台風11号の接近で第96回全国高校野球選手権大会の開幕が延期となった9日、鹿児島県代表の鹿屋中央と宮崎県代表の日南学園は室内練習で調整した。

 鹿屋中央ナインは午前5時半ごろ起床。すぐに「11日開幕」の知らせが入り、大阪府内の室内練習場で打撃や守備練習に励んだ。橋西大輔選手(2年)は「開会式が延びたのは残念だけど調整する時間ができた」と前向きに捉えた。

 日南学園は兵庫県明石市で打撃練習を中心に汗を流した。金川豪一郎監督は「野球に雨は付きもの。延期で良いも悪いもなく、それに合わせて調子を上げていくだけだ」と平常心を強調した。

 日南学園は12日、鹿屋中央は13日にそれぞれ初戦を迎える。

=2014/08/10付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ