思い思いに“臨時休養” 開幕2日延期で九国大付ナイン

 台風11号の接近で第96回全国高校野球選手権大会の開幕が延期となった9日、県代表の九州国際大付は室内練習場が借りられず「休養日」となった。

 開会式に備え、選手たちは午前4時に起床。5時半ごろに延期の知らせが入った。近くの室内練習場に空きがなく、若生正広監督が「休み」とした。選手たちは宿舎で仮眠したり、観光に出掛けたりと思い思いに過ごした。

 佐伯健司部長は「選手たちの体が休められた。10日から練習に励みたい」と話した。初戦の東海大四(南北海道)戦は14日となった。

=2014/08/10付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ