積極打法で加点 金子

 金子が積極打法で貴重な追加点を呼び込んだ。長谷川の適時二塁打で2点差とした4回無死三塁。1ボールからスライダーを中前へ運び、三塁に進んでいた長谷川を生還させた。「(相手先発吉川とは)初対戦だけど、ファーストストライクから思い切りいこうと思っていた。甘い球が来て、いい安打になりましたね」。本多の骨折離脱後、二塁手として6試合連続先発出場で全試合出塁。5試合で安打を記録するなど好アピールを続けている。

=2014/08/10付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ