30セーブ王手 3年ぶり サファテ

 守護神サファテが今季29セーブ目を挙げた。2点リードの9回に5番手で登板。中島、代打稲葉をともに内野ゴロで打ち取ると、陽岱鋼は152キロ直球で空振り三振だ。広島時代の2011年以来3年ぶりとなる30セーブに王手をかけた。「結果を残せていることは気持ちがいい。ただ、チームに貢献しているのは僕だけじゃないから」と、安定している救援陣全体をたたえた。

=2014/08/11付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ