2年生コンビ、リベンジ誓う 九国大付

息子のプレーを見守る元ロッテ監督の山本功児さん 拡大

息子のプレーを見守る元ロッテ監督の山本功児さん

 山本と富山の2年生コンビが、楠城新監督の下で雪辱を誓った。元ロッテ監督の父親がスタンドから見守る中、6番山本は2回無死一、三塁の先制機で空振り三振に倒れるなど計3三振。「打席で余裕を持てなかった」と唇をかみ締めた。先発の富山も3回途中3失点と試合をつくれなかった。新チームでは投打の軸となる2人。山本は「このままでは終われない。自分たちがチームを引っ張り、甲子園に戻りたい」と誓う。富山も「成長した姿を来年見せたい」と前を見据えた。

=2014/08/15付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ