摂津 右手腫れ引く 大事取り登録抹消

 福岡ソフトバンクの摂津正投手(32)が16日、出場選手登録を抹消された。先発した15日のオリックス戦(京セラドーム大阪)の初回に右手親指に打球を受け、打撲と診断されていた。

 打撲した箇所の状態について、新井チーフトレーナーは「昨日(15日)より腫れや痛みはかなり引いている」と説明。郭泰源投手コーチも「大丈夫とは思うが、少し様子を見てね」と話した。

 摂津はこの日の試合前練習のウオーミングアップにも参加。ストレッチなどで調整した。打撲箇所には湿布とアイシングをしていたが、表情は決して暗くはなく、報道陣の問い掛けには「大丈夫です」と答えた。

 今季の摂津は17試合に登板し8勝5敗、防御率3・23。今季のけがや故障などによる離脱は、右肩の筋疲労で5月10日に出場選手登録を外れて以来、2度目となった。

=2014/08/17付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ