安打と足で好機拡大 明石

 明石がまたもバットと足でチャンスを広げた。同点に追いついた直後の8回1死二塁で牧田の内角直球を捉えて中前打。一、三塁から代打松中の2球目に二盗を成功させ、併殺のリスクを消した。前日17日に二盗を決め、今宮の決勝犠飛をお膳立てしたばかり。「牧田が良く、それ(7回)までノーチャンスだった。今日は“あれ”でいいでしょ」と8回のひと仕事に胸を張った。

=2014/08/19付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ