鶴岡 交流戦以来のマルチ

 2試合連続スタメンマスクの鶴岡が、交流戦以来のマルチ安打を記録した。2回1死一塁で左前打を放つと、7回には先頭で右前打。6月12日の中日戦以来の1試合2安打で、8月の打率を3割3分3厘(15打数5安打)とし、「(この打撃を)続けていきたい」。しかし、2安打とも後続がなく、チームは敗れて渋い顔。3回に武田のバント処理が乱れ、失点した場面について「本人が一番、反省しているはずなので…」と若い右腕を気遣った。

=2014/08/25付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ