今宮ションボリ…失敗猛省

1回無死一塁、犠打を失敗する今宮 拡大

1回無死一塁、犠打を失敗する今宮

 今宮が“明豊デー”でいいところを見せられなかった。自身が卒業した明豊高や明豊中の在校生など大分県から駆け付けた約850人のファンに歓声を送られたものの悔しい5打数無安打。初回無死一塁では投前に送りバントを転がしたが、大谷に二塁封殺された。「当たりが強すぎた。最近、ミスが多い。使ってもらっている以上、やるべきことはきっちりやらないと」と肩を落とした。

 2009年、明豊高3年夏の甲子園では8強入り。当時を思い出させるような“全校応援”には「期待に応えきれなかった。せめて試合には勝ちたかった」と、反省の言葉を繰り返した。

=2014/08/27付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ