8月12戦目登板 8回1イニング無失点 森

8回から2番手として登板し1イニングを無失点に抑えた森 拡大

8回から2番手として登板し1イニングを無失点に抑えた森

 新人森がきっちり仕事を果たした。1点を追う8回、摂津に代わりマウンドへ。代名詞にもなっている雄たけびをあげながら、谷口、ミランダを連続空振り三振。2死から大引に二塁打こそ浴びたが、最後は近藤を投ゴロに仕留めた。「本当は3人で終わらせたかった」。右腕は好投にも反省を口にした。8月だけで12試合目、今季41試合目の登板。「投げる感覚はいい」。タカ救援陣に不可欠な存在となっているルーキーが頼もしさを増している。

=2014/08/28付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ