摂津背信 中田に痛恨被弾、4失点6敗目

3回2死一塁、中田にバックスクリーン左に2ランを浴びる摂津 拡大

3回2死一塁、中田にバックスクリーン左に2ランを浴びる摂津

 ■3連敗
 
 痛すぎる…。エース摂津正投手(32)を送り出しながら、秋山ホークスがまさかの3連敗だ。初回に先制を許すと、3回には中田に23号2ランを被弾。6回にも1点を失い、今季6敗目を喫した。打線は7回に2点を奪って追い上げたが、1点を追う9回1死満塁の大チャンスを生かせず、接戦を落とした。ここにきてスタンリッジ、摂津で●●。逆にオリックスは○○でついに1・5ゲーム差だ。ペナントレースがいよいよ熱を帯びてきた。

 ■カモのはずが…

 中田にやられた。右手親指の打撲で離脱していたエースの復帰戦で手痛い黒星。「あの一発は痛かった。ホームランバッターの一発は防がないと」。秋山監督も思わず苦言を呈した一撃。エースが相手の4番に食らったアーチで試合が敗戦へと流れた。

 1点リードを許した3回2死一塁、中田へ投じた初球が甘く浮いた。138キロの真っすぐをバックスクリーン左へ。摂津は大きく口を開け、高々と舞い上がった打球を見つめるしかない。

 試合前時点で、中田を今季10打数1安打と抑えながら、この場面で打たれた。中田にとっては自身12試合ぶりの23号2ラン。決して好調ではなかった主砲に、一振りで決められた。しかも、2死走者なしからの失点だ。直前の陽岱鋼には、追い込んでからのカットボールが甘くなり左前打を打たれて、中田につながれたのも痛い。

 チームが2連敗で迎えたこの日、エースを送り出しながら予想していなかった1敗だ。「何もできませんでした…。流れも持ってこられませんでした」。大黒柱としての責任感。摂津はひたすら自分を責めた。

 15日のオリックス戦(京セラドーム大阪)の初回、ライナーを右手に当てて離脱。幸い大事には至らず、中11日で復帰マウンドに立った。「試合から離れて感覚が鈍くなった部分もある。立ち上がりに気を付けたい」。警戒した初回のつまずき。29球を費やした上に先制点を与えた。

 ■最悪の8被安打

 3回の失点に続き、先頭の稲葉を二塁打で出していた6回には、2死から近藤への初球カーブが浮いた。右前適時打とされて4失点目を献上。「せっかく2アウト取ったのに、もったいない」。結局、7回まで投げて今季ワーストの8安打、同ワーストタイ4失点。115球を投げて、右手親指の回復具合は確認できたが、今季3度目の3連敗は痛い。

 前日26日は先発スタンリッジで落とし、試合後は秋山監督が今季本拠地の試合後では初めての緊急ミーティングを開いた。一夜明け、この日は摂津が投げたが2カード連続の負け越しが決まった。次週9月2日からのオリックスとの直接対決3連戦(ヤフオクドーム)を見据えた先発ローテーションで勝ち越せなかった。「楽には勝てない。相手がいるから」。マッチレースの相手、オリックスが連勝し、ついに1・5ゲーム差。これ以上連敗を続けられない。 (谷光太郎)

=2014/08/28付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ