細川 FA権を再取得 球団残留要請へ

2回1死二、三塁、楽天・小関の三ゴロで本塁突入した三走・枡田(右)を好ブロックで阻止する細川 拡大

2回1死二、三塁、楽天・小関の三ゴロで本塁突入した三走・枡田(右)を好ブロックで阻止する細川

 福岡ソフトバンクの細川亨捕手(34)が29日、2度目のフリーエージェント権(FA権)の取得条件を満たした。今回は国外への移籍も可能なFA権となる。今季は4年契約の最終年で、開幕直後は日本ハムからFA加入した鶴岡に先発を譲る試合が目立ったが、交流戦終盤から主戦として定着。層の厚い投手陣のけん引役として、3年ぶりの覇権奪回を目指すチームを支えている。球団幹部は「当然、うちに必要な選手。残留要請させていただきます」と話し、複数年契約も視野に引き留めにあたる方針だ。

 この日、楽天との試合前に取材に応じた細川は「いまはシーズン中だし、チームは優勝争いをしている真っ最中なので、そちらに集中しています。(FA権に関して)考えるのは、すべてが終わってからですね」と話すにとどめた。

=2014/08/30付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ