一塁守備での痛恨ミス猛省 吉村

 吉村が一塁守備での痛恨のミスを猛省した。初回1死で2番中島卓の二遊間への打球を二塁明石が処理。踏ん張って一塁へストライク送球したが、俊足の中島卓に気を取られたのか、一塁ベースを“空踏み”。記録は失策となり、初回の3失点につながった。「きょうはチームに迷惑を掛けた。申し訳ない。自分の責任です」。今季2個目の失策がチームの敗戦に直結し、試合後はガックリ肩を落とした。

=2014/09/12付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ