リリーフに明暗 岩崎&金

8回無死、日本ハム・ミランダ(奥)にソロ本塁打を浴びた金無英 拡大

8回無死、日本ハム・ミランダ(奥)にソロ本塁打を浴びた金無英

 点差が開いた状況で登板したリリーフ2人は明暗が分かれた。4点ビハインドの7回に2番手で登板した岩崎は「いつでもいけるように準備していた」と打者3人を11球で料理。一方、8回に登板した金無英は先頭ミランダへのフォークが甘く、バックスクリーン右へソロを浴びた。4月23日、同じ東京ドームでの試合に続き、同じ打者に今季2本目の被弾。1死後、大歓声に押され登場した代打稲葉は中飛に打ち取ったが、嫌なデータが残ってしまった。

=2014/09/12付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ