マルチ放つも満塁機で三振 松田

6回2死満塁、逆転の好機に空振り三振に倒れた松田 拡大

6回2死満塁、逆転の好機に空振り三振に倒れた松田

 チャンスをものにできなかった松田は、険しい顔つきのまま球場を後にした。6回、内川の適時打で3点差に詰め寄った後、西武先発の牧田が乱れ2四球などでなお2死満塁。本塁打が出れば逆転という場面で、フルカウントから外角へのスライダーを追い掛けて空振り三振に倒れた。「ボール球だったので見極めないと」。2安打しながらも勝負どころで結果を残せず、痛恨の表情を浮かべた。

=2014/09/20付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ