ダメ押し適時打 明石

 明石が貴重な適時打で、連敗脱出に貢献した。2点リードの7回1死二塁。3球で追い込まれたが、その後ファウルで粘ると、9球目の内角直球を左前に落とし=写真、二走の松田を本塁に迎え入れた。「レフト方向しか狙ってなかった。1点欲しいところだったので」。前日(20日)は痛恨の適時失策を犯したが、この日は終盤でリードを広げる一打を放ち、安堵(あんど)の笑みを浮かべた。

=2014/09/22付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ