秋山監督、ドームを「真っ赤にして」 ファンに後押し呼びかけ

 連敗を止めても、秋山監督は気を緩めることなく残り6戦に気持ちを切り替えた。試合後、西武ドーム名物の108段の階段を上り終え「少し休憩」と立ち止まると、偶然通りかかった西武の奈良原コーチに向かって「やっつけてこいよ!」とひと言。23日から京セラドームでのオリックス4連戦を控えている西武時代の後輩に“白星指令”を出した。

 13日からの9連戦を3勝6敗と大きく負け越し、マジック点灯目前で足踏み状態が続いている。「オリックスもしんどいし(ホークスも)勝つことの難しさを一番感じている時。やりがいがあるんだから選手は幸せに思ってやればいい」。試合のない22日を挟み、23日からは本拠地での楽天4連戦だ。「しっかりリフレッシュして明後日(23日)からの4連戦、ファンの皆さんも赤いユニホームで真っ赤にしてもらって後押ししてもらいたい」と、スタンドと一丸になり3年ぶりのVをつかみ取るつもりだ。

=2014/09/22付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ