秋山ホークス サヨナラV

優勝を決めるサヨナラ打を放った松田(中央)は秋山監督とがっちりと抱き合った 拡大

優勝を決めるサヨナラ打を放った松田(中央)は秋山監督とがっちりと抱き合った

ビールかけで満面の笑みを見せる秋山監督

 最後の最後まで苦しんで、最後の最後に頂点に立った。ゲーム差なしに迫られて迎えた2位オリックスとのレギュラーシーズン最終戦。延長10回1死満塁、選手会長の松田宣浩内野手(31)が正真正銘のサヨナラ打を放ち、3年ぶりのリーグ優勝を決めた。マジック点灯に王手をかけてから1勝9敗の大失速。かつてない危機を味わった秋山幸二監督(52)は号泣しながら選手たちと抱き合い、リーグ優勝3度目にして初めて本拠地のファンの前で宙を舞った。

=2014/10/03付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ